SSブログ

大阪なおみマイアミオープン2021準々決勝敗退 [大阪なおみ]

スポンサーリンク




マイアミ3月31日に行なわれた、WTA女子テニスツアー「マイアミ・オープン」シングルス準々決勝が行われ、世界ランキング2位の大坂なおみと同25位のマリア・サッカリ(ギリシャ)が対戦して、大阪なおみは、まさかの0−6、4−6のストレートで敗退しました。

大阪なおみは、序盤から得意のファーストサービスが入らず、又ストロークミスの連発で苦しんだ大坂に対して、サッカリは好調そのもので、終始攻撃的なリターンで主導権を握り、まさかのベーグル(0−6)でセットを先取。

第2セットは、サッカリが、1ー4のビハインドから、完璧な攻撃を見せ、怒涛の5ゲームを連取し、逆転勝利を飾りました。

ここまで好調に見え、期待された昨年からの大阪なおみの連勝記録「23」は、ここで、ストップとなりました。

このサッカリの活躍に、ギリシャメディア『sport24』は、「サッカリがオオサカを2ー0のストレート勝利に、キャリア最大の瞬間を迎えた」と評し。「前のジェシカ・ペグラ(アメリカ)戦で、6つのマッチポイントを凌いだが、それが無駄ではなかったことを、オオサカ戦のパフォーマンスで証明して見せた」と今大会の勝ち上がりを高く称賛しています。

そしてサッカリは、「想像を絶するテニスを披露した」更に「人生で最高のテニスをしており、メンタル的にもピークに達している。その2つが組み合わさったときの彼女は、まるで無敵のようだ」と現在の好調ぶりを評価していました。

大阪なおみは、試合後、調子が悪かったと一言。これからの奮起を期待したい。


スポンサーリンク





nice!(0) 

nice! 0