SSブログ

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021女子7戦.日本対オランダ [FIVBネーションズリーグ]

スポンサーリンク




日本9位は6戦で対戦相手のロシア8位(勝点8)に勝利し、予選リーグを5勝1敗4位と好成績にありますが、今日は、今大会出場チームの中で平均身長が最も高いオランダ11位との対戦です。

中田久美監督は、2019年女子U20(ジュニア)世界選手権大会初優勝主軸メンバーで今大会初出場のミドルブロッカー・山田二千華選手、リベロには井上琴絵選手をスターティングメンバーに起用しました。

第1セットのスタメン
黒後 愛(1,OH).古賀 紗理那(2,OH).荒木 絵里香(5,MB).石川 真佑(8,OH).山田 二千華(19,MB).籾井 あき(24,S)
※ OH…アウトサイドヒッター.OP…オポジット.MB…ミドルブロッカー.S…セッター.L…リベロ。

第1セット
日本は序盤を、長いラリーからセッター・籾井は、ライトの黒後にトスを集めて得点を重ね、6-2とリードし勢いに乗り、中盤は古賀と石川の両レフトがそれぞれ相手の高いブロックを巧みに利用して、コースを丁寧に打ち分け、安定的に得点を重ねます。
終盤は石川にトスを集め強烈なクロススパイクで23-19とし、その後キャプテン・荒木が相手エースをブロックでし止め、25点目は副キャプテン・古賀選手のスパイクがエンドラインぎりぎりに決まり1セット目を先取しました。

第2セット
開始から、レフトの古賀、石川が好調で、山田のブロックも決まり、1回目のテクニカルタイムアウトを8-7としますが、相手のサーブで攻められ8-9と逆転され、その後、荒木のクイック攻撃、サービスエースなどで12-10と再びリードを奪います。
中盤は日本のミスもあり、14-15でタイムアウト。タイムアウト明けは、古賀がコート深くを狙ったクロススパイクを決め、レシーブでは粘るロシアからのチャンスボールを山田がクイックで得点し、2回目のテクニカルタイムアウトは16-15とします。その後、ロシアのサーブミスにも救われ21-19。ネット。終盤荒木が、相手オポジットエースのナタリア・ゴンチャロワ選手(194cm)とのボールの押し合いに競り勝ちブロックポイントを上げ、更には古賀が巧みなブロックアウトを決め長いラリーを制します。最後は相手のサーブミスで25-21で、2セットを連取します。

第3セット
最初から石川のサーブがさく裂し、好調の古賀がサイドからのスパイクを決め、1回目のテクニカルタイムアウトを8-5とし、日本のペースで試合が進み、中盤は黒後のライトからのスパイクや要所での山田のテンポ早いクイック攻撃が決まり、更に、途中出場の林が相手フェイントを粘り強く拾って、田代がアンダーハンドで絶妙なトスを上げ、そのボールを石川が相手コートに叩き込む素晴らしい粘りの連携で、15-13とし、古賀のサービスエースで16-13とリードをして、後半へ突入しました。
終盤は、籾井が石川に、要所ではミドルブロッカー・荒木、山田選手のクイック攻撃を織り交ぜ22-19となり、相手ミスでマッチポイトを迎えた日本は、最後に石川のスパイクが決まり、25-21。セットカウント3-0のストレートで勝利を収めた。この日の石川は20得点をマークして大活躍でした。

今日の試合の感想をキャップテン荒木絵里香選手は、「一昨日のブラジル戦ですごく悔しい負け方をしたが、チームとしてやることをもう一回整理してこの2戦を戦い抜けたことは次に繋がるゲームになったと思う。今日はアウトサイドヒッター陣の決定力が素晴らしかった。ブロックフォローなどの細かい繋ぎもうまくできたと思う。(今日大活躍の古賀選手について)チームの軸として攻守で安定していて本当に素晴らしかったと思う。若い選手が勢いをもたらしてくれ、チームが活性化していると思うので、さらに良くしていきたい。(次の試合に向けて)最善の準備を尽くしていくことが大事だと思うので、休養も取りつつ、対策も含めて良い準備をしていきたい」語っています。


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0