SSブログ
遺伝子 ブログトップ

「人智を超えた偉大なる存在」「Something Great」 [遺伝子]

遺伝子工学の世界的権威として高名な筑波大学名誉教授の村上和雄氏が、2021年4月13日逝去なさいました。(ご冥福をお祈りいたします)

村上教授は、私は生命科学の現場で研究を続ければ続けるほど、生命の本質は人間の理性や知性だけでは説明できるものではないと感じるようになりました。

しかもこの遺伝子暗号は、顕微鏡で一億万倍に拡大しても読めないような超微細な文字で書かれています。
その膨大な情報が書き込まれたDNAの存在によって、私たちはこうして生かされているのです。

私たち人間が持っている遺伝子情報は、1ページ1,000文字で1,000ページある大百科事典3,200冊分にも匹敵する
といわれるほど膨大です。

驚くべきことに、その全ての情報が、1粒の米を70億に分けたぐらい極小スペースに入っているのです。

遺伝子を研究する中で、その構造や働きが偶然に生まれることはあり得ず、「人智を超えた偉大なる存在」無しに到底説明はできないという結論に至られました。

また、国立遺伝子研究所、進化生物学者の木村資生名誉教授は、この宇宙に一個の生命細胞が生まれる確率は、1億円の宝くじが100万回連続で当たる位の、とんでもなく希少な確率だそうです。
となれば、私たちの存在はとんでもなく「有り難い」もと言うことができるでしょう。

更に言えば、ごく単純な大腸菌一つを、世界の富をすべて集めても、ノーベル賞学者が束になってかかっても、元から創れないのが現実なのです。

にも拘らず、私たちの身体には、約37兆個の細胞(最近の研究で明らかになった数字)が存在し、お互いに争うことなく、助け合いながら、調和を保って生きています。これは本当に不思議なことです。

それ故に我われは、大自然の不思議な力で生かされているという側面を決して忘れてはならないと思うのです。

「人智を超えた偉大なる存在」「Something Great」は、村上教授が、その研究から感得した、大自然界の驚嘆に讃嘆し、科学者としての敬意の言葉でありましょう。



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

科学は、遂に人の聖域とされる生命の領域-「ゲノム遺伝子」に侵入する [遺伝子]

これは、全く新しい未知へ「新医療革命」の扉を開いたことになります。

ゲノム遺伝子は、人の設計図であり、この編集は、人の生命を編集することになる、
倫理上の領域に入る極めて大きな両刃の課題を生じたことでもあります。

「ゲノム遺伝子の編集」を行うためには、ゲノム上にある塩基配列の、狙ったDNAを
切断酵素で正確に切断する必要があります。

東京大学大学院総合文化研究科の二本垣裕太大学院生と佐藤守俊准教授らの研究
グループは、この「ゲノム編集」の遺伝子改変操作を、自由自在に光で制御する
「光スイッチたんぱく質」の返還を利用した編集技術を開発しました。

「ゲノム編集」は、従来の技術ではDNAを認識 (特定) する切断酵素の活性を、全く
制御できないために、狙ったタイミングや狙った時間でゲノム編集を行うことは
不可能で、様々な制約が課せられていました。

2012年に米国で、原核生物のCRISPR-Cas9(切断酵素)システムに基づく、簡便な
ゲノム編集技術が発表されて以来、この技術は爆発的な勢いで利用され、世界中の
研究室の研究スタイルを変えつつあります。

故に、この技術を利用すれば、ゲノム上の狙った遺伝子の機能を非常に簡単に破壊
したり(ノックアウト)、別の塩基配列で置き換えること(ノックイン)ができま
すので、基礎生命科学研究のみならず、医療や創薬、育種・品種改良等へ、別次元
の革命的応用が期待されるのです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

HIV(エイズ)がゲノム遺伝子切断工学で好転 [遺伝子]

人のDNAは「ゲノム遺伝子」と言われ、遺伝子の最小体(セット)です。

その梯子の様な20000種の塩基配列パターンの一つ一つが人の生命の設計図で
あり、その人の生命を管理し制御しています。

この「神」の領域に、2013年に科学が踏み込み、遺伝子工学による、塩基配列の
夫々を認識する「制限酵素」を用いて、その塩基の梯子を簡便に切断する技術が
開発されました。

「ゲノム遺伝子」を識別認識する「制限酵素」には、一つのパターンで、多くの
塩基配列を認識するものもあれは、一つの塩基配列を、多くの制限酵素の種類で
認識するものもあります。

この「制限酵素」の種類で、目的とする遺伝子を取り除くことで、その機能を
人体から排除できますので、その症状の原因が除去され、好転します。

現在は、臨床的にこの工学技術で、ウイルスやHIV、筋委縮症などの対症療法を
根治療法に、原因遺伝子を切断し取り除く治療に適用しており、結果は回復が
見られています。

ただ、人の生命を作用する技術であるため、その使い方が悪用されることで、
人間人工改造も大いに考えられますので、極めて社会的に微妙な、両刃の技術
領域に触れたことになります。

日本では、理化学研究所の中山教授らが、人体細胞の修正された遺伝子細胞を
IPS細胞で培養して、再び人体に戻す実験が行われています。

人を生かすも殺すも、時代の社会倫理が決めることになりますので、真剣で正常
な倫理固めが必要となっています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
遺伝子 ブログトップ