SSブログ

阿部・菅内閣が進める売国農業破壊改革 [食の安全]

旧安倍政権下で現菅首相は、官僚の人事権を持つ菅官房長官時代に、その特権で農協改革や農業の自由化を強行しましたが、国民の食料の安全保障を懸念して、それらの各種農政策の改革に反対した農水官僚を、次々と左遷して来ました。

そして2016年には、強烈な自由化論者の奥原正明氏を、農水省の「事務次官」に就任させたのです。

奥原正明事務次官は就任後、「農業を産業化することで、農水省が要らなくなることが理想だ」と、食料の安全保障を完全に無視した暴論を吐いた人物です。

この農業の産業化とは、農業のグローバリズム化で、「農水省が無くなれば、日本の農業市場が解放されて、完全に私企業の「ビジネス」に委ねられる状況」にすることで、それは、資本の効率と利益の優先が重んじられ、国民の食の、種、水、肥料などの安全性の保障、市場価格、供給の安定性の保障など、食糧の安全保障を軽視したもので、単に、農業市場を規制緩和することで、大口資本参入による私企業ピジネス化を促し、後は資本の自己責任で農業を発展させると言う、極めて軽率で乱暴な政策です。

現在それらは安倍政権から菅政権に引き継がれ、更にそのグローバリズム化は、植民地型農業による、輸出偏重の、利益重視の付加価値種苗農の生産政策が促進されています。

国の安全政策が問われる今、その重要な要素となる食の自給自足は、農水省の発表で国内生産が37%で、残りの63%が海外からの輸入に頼っている実体で、これは、先進国最低の水準です。

この現状で、国民の日常食需要の自給自足を無視した、、付加価値型国内富裕層向けであり、高級嗜好食品重視の輸出偏向型の農政予算配分を行い、それに舵を切っているのです。

この様に、米国、中国からは遺伝子組み換えや農薬生産の安価な食品の輸入を増やし、国内では、食べ残しや消費期限切れで捨てられる食料などの、いわゆる食品ロスが膨大となっている現状で、独立国家としての、自給率アップでの自給自足は予断を許さぬ事態にあります。

国会は、国の存続を左右するこれらの重大問題を、いとも簡単に、国益無視の農業愚政策が平然と進められているのです。

即ち、「日本国民の食」の豊かさより、「外国の食を豊かにする」本末転倒の農政が進められているのです。

我ら国民は、これらの政府行為を他人事のように無関心でいられるでしょうか。?

また、社会的識者や諸報道でも、これらに関する批判が出ないことは不思議な現象とは思いませんか。
まさに、如何いう事なのでしょうか。?

国民は、「改革」と言う甘言に酔わされ、洗脳されて、完全に愚民化したのでしょうか。?

例えもし国民が愚民であったとしても、国の政治の役割は、日本の国益と国民のために、食料の安全保障を堅持し、国民生活の安全と安心を第一に考えるべきであることは、当然なことではないでしょうか?

こんな国益に関する基本的重大事を、新旧の自公政府は、自国と自国民を弱体化する反国益のグローバル政策を継続しているのです。

この30年間もの長い間、何故、ここまで国民を欺く反日的政策が続くのか。怒りが湧き出てきませんか。・・・・



nice!(0) 

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021女子 日本対ドイツ ファイナルラウンドを賭けて!! [FIVBネーションズリーグ]

日本女子バレー火の鳥ジャパン 11勝3敗でファイナルラウンドに。

日本女子、火の鳥ジャパン(R7)は、この試合に勝利すればファイナルラウンド進出が決まる大事な試合で、上背もサービスの強さも勝るドイツ(R15)との対戦です。

第1セットスタメン
1.黒後 愛。古賀 紗理那。8.石川 真佑。3.島村 春世。19.山田 二千華。14.小幡 真子。24.籾井 あき。

第1セット
序盤は、古賀、黒後、両サイドヒッターのスパイクでラリーを制し。島村のブロード攻撃や古賀のサービスエースで1回目のテクニカルタイムアウト(T.T.O)を8-5と先行し、好調な出足です。

しかしその後に、日本の古賀や黒後のアタックが連続してブロックに掴まり、更に、ドイツの強烈なさーぶで、日本陣営が乱されて5連続失点を喫し、9-10と逆転を許してしまいます。

中盤に籾井を起点にトスとアタックの呼吸が合いはじめ、古賀、黒後が立ち直り、2回目のT.T.Oで、日本は16-13と3点のリードとします。
その後、終盤まで両チームの一進一退の攻防が続き、フルセットの末に、最後は古賀選手のブロックで25-23とし、辛くも第1セットを先取しました。

第2セット
序盤は、第1セットの1点を刻む流れからドイツに、スパイクやブロックを決められ、1回目のT.T.Oで 6-8とリードを奪われる。が、中盤で、ドイツのサーブミスから、島村の切れ味鋭いブロード攻撃や古賀のサービスエースなどで4連続得点し14-13と逆転に成功します。

しかし後半で日本は、ドイツのブロックやパイプ攻撃、サーブで連続失点し、終盤に、黒後のブロックなどで応戦しましたが、最後の反撃もスパイクミスとなり、第2セットは、19-25で、ドイツに敗れました。

第3セット
序盤から両者の激しい攻防から、ドイツに連続ブロック、更に、サービスエースを決められ、1回目のT.T.O
は、6-8で2点のビハインドとなりました。

その後の中盤は16-19と離され、20-20の同点とする、1点の激しい攻防が続き、21-21の場面で、セッターを田代に代えて、ここでサーブから連続得点を奪い、黒後のスパイクで24-23のセットポイントとします。

しかしその直後のドイツにサービスエースを決められてデュースとなりますが、最後はラリーと、山田のサービスエースで26-24とし、第3セットを取り返して、王手としました。

第4セット日本はその勢いを維持して、序盤を、古賀のサースエース、加えて島村のブロード攻撃、石川のスパイクで主導権を握り、1回目のT.T.Oを8-4とリードします。更に、島村のサービスエース、籾井のサーブリターンを山田がダイレクトスパイクを決めるなどでリードを広げ、2回目のT.T.Oを16-10とし、その流れで、黒後の強烈なバックアタックや島村のブロード攻撃で得点を重ねて、21-13とし、この時点でセッター
を、黒後選手の強烈なバックアタックや島村選手のブロード攻撃でさらに得点を重ね19-11とした。
21-13で黒後選手の強烈なバックアタックや島村選手のブロード攻撃でさらに得点を重ね、21-13の時点でセッターを田代に代えると、石川のブロックの間を射抜くスパイクや、ドイツのサービス、スパイクミスなどで得点を重ねて、24-15のマッチポイントとなり、最後はドイツのサービスミスで、25-15となり、セットカウント3-1でドイツに勝利しました。

日本の火の鳥ジャパンは、この勝利で、ネーションズリーグ予選ラウンドで、4位以上が確定しましたので、念願のファイナルラウンドへの進出が決定したのです。

島村春世選手のコメント
出場の毎試合で、ブロード攻撃やブロックで活躍する島村選手ですが、「チームの出来は全体として50点くらい。自分たちの小さなミスや数字に表れないミスがとても多くて、相手のミスに助けられたと言うような試合展開だった。ファイナルを決めるためにまずこの一戦を戦わないとファイナル進出がまだなかったし、予選ラウンドの結果が、3位か4位のどちらになるかで、1位のアメリカと戦うかどうか決まるので、この一戦は3-0もしくは3-1の(勝点)3ポイントで勝ちたいという気持ちだった。明日のセルビア戦はファイナルに向けての一戦だと思っているので、ファイナルに向けて良い入りができるように、3-0で3ポイント獲得して試合に勝つことが目標で、そのためには、こちらがサーブで攻めて相手を崩し、セルビアはミドルブロッカーが強く調子に乗せてしまうと良いゲームをされてしまう印象があるので、そのミドルブロッカーを使わせないようにしてサイドで勝負できるように戦いたいと思う」と、次の試合に気を引き締めています。



nice!(0) 

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021女子 日本対ベルギー [FIVBネーションズリーグ]

 6月14日(月)ベルギー戦
今日、火の鳥NIPPONは、予選ラウンド第4週の最終戦でベルギーと対戦します。昨日13日(日)はメンバーを入れ替えて予選ラウンド負けなしのアメリカに挑み、ストレートで敗戦。大会通算成績を8勝3敗(勝点22)とし、火の鳥NIPPONは予選ラウンド5位となりました。対するベルギーは5勝6敗(勝点11)で同9位につけています。

スタメン
OH:1.黒子愛。2.古賀紗理那。7.石井優希。8.石川真佑。11.鍋谷友里恵。21.林子琴奈。
MB:3.島村春世。5.荒木絵里香。13.奥村麻依。19.山田二千華。
S:9.田代佳奈美。24.籾井あき。
L:14.小畑真子。15.井上琴絵。

※OH…アウトサイドヒッター.OP…オポジット.MB…ミドルブロッカー.S…セッター.L…リベロ。

予選ラウンド第4週の最終戦が行われ、女子日本代表チーム・火の鳥NIPPONはベルギーと対戦。セットカウント3-1(23-25、25-22、25-21、25-21)で逆転勝利し、本大会の通算成績を9勝3敗(勝点25)としました。

第1セットは、開始から、黒後のスパイクが、ベルギーのブロックポイントで連取され、日本の勢いが止まります。が、その後石川のスパイクで得点し、1回目のテクニカルタイムアウト(T.T.O)は、8-6とします。その後、互いに点を重ねる展開となりますが中盤にベルギーの、大会の通算最多得点者のエースヒッター、ヘルボッツの連打で一時逆転されますが、石川、古賀の両スパイカーが活躍し、第2T.T.Oを16-13で折り返します。がまたもベルギーの激しい反撃で猛追され、終盤もベルギーに連続サービスエースを決められ、第1セットを23-25で失いました。

第2セットは、日本のレスープが立ち直り、持ち味を出し、1回目のT.T.Oを8-5、第2T.T.Oを16-13で抜けて、最後はキャプテン・荒木絵里香選手がセッター・籾井選手との見事なコンビネーションでクイック攻撃を決め、25-22。セットを奪い返し、セットカウントを1-1のイーブンにした。

第3セットは、両チームヒッター攻撃とラリー戦の激しい戦いとなり、25-21で日本が取りました。


第4セットは日本リードで試合が進みますが、試合開始時点でブリット・ヘルボッツ選手のアタックに苦しみ、17-17と並ばれます。それでも古賀紗理那選手のスパイクなどで日本が再びリードすると、最後は山田二千華選手のブロード攻撃が決まり25-21で日本が逆転勝利しました。



nice!(0) 

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021女子 日本対ベルギー [FIVBネーションズリーグ]

 6月14日(月)ベルギー戦
今日、火の鳥NIPPONは、予選ラウンド第4週の最終戦でベルギーと対戦します。昨日13日(日)はメンバーを入れ替えて予選ラウンド負けなしのアメリカに挑み、ストレートで敗戦。大会通算成績を8勝3敗(勝点22)とし、火の鳥NIPPONは予選ラウンド5位となりました。対するベルギーは5勝6敗(勝点11)で同9位につけています。

スタメン
OH:1.黒子愛。2.古賀紗理那。7.石井優希。8.石川真佑。11.鍋谷友里恵。21.林子琴奈。
MB:3.島村春世。5.荒木絵里香。13.奥村麻依。19.山田二千華。
S:9.田代佳奈美。24.籾井あき。
L:14.小畑真子。15.井上琴絵。

※OH…アウトサイドヒッター.OP…オポジット.MB…ミドルブロッカー.S…セッター.L…リベロ。

予選ラウンド第4週の最終戦が行われ、女子日本代表チーム・火の鳥NIPPONはベルギーと対戦。セットカウント3-1(23-25、25-22、25-21、25-21)で逆転勝利し、本大会の通算成績を9勝3敗(勝点25)としました。

第1セットは、開始から、黒後のスパイクが、ベルギーのブロックポイントで連取され、日本の勢いが止まります。が、その後石川のスパイクで得点し、1回目のテクニカルタイムアウト(T.T.O)は、8-6とします。その後、互いに点を重ねる展開となりますが中盤にベルギーの、大会の通算最多得点者のエースヒッター、ヘルボッツの連打で一時逆転されますが、石川、古賀の両スパイカーが活躍し、第2T.T.Oを16-13で折り返します。がまたもベルギーの激しい反撃で猛追され、終盤もベルギーに連続サービスエースを決められ、第1セットを23-25で失いました。

第2セットは、日本のレスープが立ち直り、持ち味を出し、1回目のT.T.Oを8-5、第2T.T.Oを16-13で抜けて、最後はキャプテン・荒木絵里香選手がセッター・籾井選手との見事なコンビネーションでクイック攻撃を決め、25-22。セットを奪い返し、セットカウントを1-1のイーブンにした。

第3セットは、両チームヒッター攻撃とラリー戦の激しい戦いとなり、25-21で日本が取りました。


第4セットは日本リードで試合が進みますが、試合開始時点でブリット・ヘルボッツ選手のアタックに苦しみ、17-17と並ばれます。それでも古賀紗理那選手のスパイクなどで日本が再びリードすると、最後は山田二千華選手のブロード攻撃が決まり25-21で日本が逆転勝利しました。



nice!(0) 

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021 日本対アメリカ [FIVBネーションズリーグ]

リミニ(イタリア)で開催中の「FIVBバレーボールネーションズリーグ2021」は13日(日)、大会予選ラウンド女子の11日目が行われ、日本代表チーム・火の鳥NIPPONは、ここまで負けなし最強のアメリカと対戦しまいた。

試合結果は、日本は善戦しましたが、セットカウント0-3(23-25、24-26、20-25)のストレートで敗れ、本大会の通算成績を8勝3敗(勝点22)となりました。

スタメン
アウトサイドヒッター。1.黒後愛、7.石井優希、ミドルブロッカー。3.島村春世、13.奥村麻依、セッター。田代佳奈美、リベロ。井上琴絵。

日本は、昨日のトルコ戦のメンバーから、セッターを籾井あきに代えて田代佳奈美に、アウトサイドヒッターを古賀紗理那に代えて石井優希を起用して臨みました。

第1セット、序盤からサイドや中央を幅広く使い、高さの攻撃を仕掛けるアメリカに、サイドアウトを取れずブロックに掴まり、前半で最大7点のリードを許します。

終盤に黒後愛のスパイク、サービスエース、石井優希のコースを突いたスパイクなどで、驚異の反撃で6連続の得点をし1点差まで追い上げますが、最後は、アメリカのブログックと右からの強烈なスパイクを決められ、23-25で逃げ切られました。

続く第2セットは、日本は経験のある林琴奈をスタートから投入しアタックと、島村春世らが得点を積み重ねて22-20と、終盤まで順調にリードしますが、そこからのアメリカの猛追を受けて24-14のデュースに持ち込まれまれます。そこで、日本のサーブミスとアメリカの高さのブログック、訴したスパイクを決められて3連続失点を喫し、第2セットも、24-26の逆転負けとなります。

第3セットは、前セットの勢いそのまま序盤からのアメリカのヒッターとブロックで、1回目のテクニカルタイムアウトは5-8と、立ち上がりから先行され、日本はセッターの関菜々巳と鍋谷の2枚替えでで反撃し、13-16まで迫りますが、その後のアメリカのスパイクやブロックで3連続失点を喫し、13-19と再びリードを広げられ、その後もアメリカの強烈なスパイクやブロックで、このセットも20-25で落としました。

石井優希選手のコメント
「アメリカのサーブがとても良く、パスが崩れてしまいサイドアウトからの展開がうまく取れず、ハイセットになる場面が増えてしまった。苦しい展開をこちら(日本)が作ってしまったという印象。(再びアメリカと対戦することになるとしたら)日本のサーブをもっと攻撃的なサーブにして、相手をハイセットにさせるような展開を作れたらいい。アメリカの攻撃はとても速く、いい状態を作られると相手のミドルブロッカーに(クイックで)切られる場面が多かったので、それをなくすためにもサーブがキーになると思う。今後のオリンピックに繋げるためにも、日本の武器であるサーブレシーブからの展開を、1本で決めきる徹底や、繋ぎの精度などの数字に表れない部分の丁寧さ、そういったところを突き詰めたい。この大会がオリンピックへの自信に繋がる大会にしなければならないと思う」

火の鳥NIPPONは、この結果8勝3敗で、予選ラウンド暫定4位(アメリカ戦終了時点)ですが、ファイナルラウンド進出となる4位以内を射程圏内に、1敗の重みがのしかかります。

大会12日目の明日14日(月)、火の鳥NIPPONは予選ラウンド5勝6敗(勝点11)のベルギーと対戦します。



nice!(1)