SSブログ

錦織圭 全仏オープン第7日 男子シングルス8強入りで敗退 [全仏オープン]

スポンサーリンク




錦織圭 全仏オープン5月30日(日)~6月13日(日)第7日 男子シングルスで第6シードの難敵ズベレフに敗れて、8強入りを逃しました。

世界(R49位)の錦織選手は6日、男子シングルス4回戦でドイツのアレクサンダー・ズベレフ選手(R6位)と対戦しました。

錦織選手とズベレフ選手の対戦は、今シーズン2戦2敗、通算でも1勝4敗と負け越している難敵です。

世界ランキング49位の錦織圭は男子シングルス4回戦で、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ=6位)にストレートで敗れ、2年ぶりの準々決勝進出を逃しました。

○アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 6-4,6-1,6-1 ●錦織圭

第1セットは出だしから3ゲームを続けて取られ0-3から相手のサーブ第5ゲームをブレークバックして3-3に追いつきます。
その後も錦織は、ズべレスの200キロを超えるサーブに苦しみながらもネットプレーやドロップショットを織り交ぜた緩急をつけた攻撃で渡り合い、フォアでラリーを支配し、伝家の宝刀バックハンドのダウン・ザ・ラインを抜くが、4ー5からのサービスゲームでミスが出てブレークされ、第1セットを4ー6で落としました。

第2セット以降はズブレスの好守に根負けした形で、ショットに精彩を欠き、何れも1ー6で落としセットカウント0対3のストレートで敗れ、全仏オープン2年ぶりのベスト8進出はなりませんでした。

錦織は、ズベレフの「守備がすごかった」と脱帽。「第1セットを取られてかなり相手のプレーがよくなった。1セット目で流れを作ってしまったかなと思う」決まったと思っても、さらにもう1球打たされる。逆襲で攻守が入れ替わる場面も少なくなかった。「なかなか決められないフラストレーションが確かにあった」。ズベレフはダウン・ザ・ラインへの展開も早く、先に攻めなくては、と焦った錦織がエラーをおかすなど、以降はチャンスをつくることさえできなくなった。
と完敗を認めていました。


スポンサーリンク





nice!(0) 

nice! 0