SSブログ
前の5件 | -

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021女子 日本対ベルギー [FIVBネーションズリーグ]

 6月14日(月)ベルギー戦
今日、火の鳥NIPPONは、予選ラウンド第4週の最終戦でベルギーと対戦します。昨日13日(日)はメンバーを入れ替えて予選ラウンド負けなしのアメリカに挑み、ストレートで敗戦。大会通算成績を8勝3敗(勝点22)とし、火の鳥NIPPONは予選ラウンド5位となりました。対するベルギーは5勝6敗(勝点11)で同9位につけています。

スタメン
OH:1.黒子愛。2.古賀紗理那。7.石井優希。8.石川真佑。11.鍋谷友里恵。21.林子琴奈。
MB:3.島村春世。5.荒木絵里香。13.奥村麻依。19.山田二千華。
S:9.田代佳奈美。24.籾井あき。
L:14.小畑真子。15.井上琴絵。

※OH…アウトサイドヒッター.OP…オポジット.MB…ミドルブロッカー.S…セッター.L…リベロ。

予選ラウンド第4週の最終戦が行われ、女子日本代表チーム・火の鳥NIPPONはベルギーと対戦。セットカウント3-1(23-25、25-22、25-21、25-21)で逆転勝利し、本大会の通算成績を9勝3敗(勝点25)としました。

第1セットは、開始から、黒後のスパイクが、ベルギーのブロックポイントで連取され、日本の勢いが止まります。が、その後石川のスパイクで得点し、1回目のテクニカルタイムアウト(T.T.O)は、8-6とします。その後、互いに点を重ねる展開となりますが中盤にベルギーの、大会の通算最多得点者のエースヒッター、ヘルボッツの連打で一時逆転されますが、石川、古賀の両スパイカーが活躍し、第2T.T.Oを16-13で折り返します。がまたもベルギーの激しい反撃で猛追され、終盤もベルギーに連続サービスエースを決められ、第1セットを23-25で失いました。

第2セットは、日本のレスープが立ち直り、持ち味を出し、1回目のT.T.Oを8-5、第2T.T.Oを16-13で抜けて、最後はキャプテン・荒木絵里香選手がセッター・籾井選手との見事なコンビネーションでクイック攻撃を決め、25-22。セットを奪い返し、セットカウントを1-1のイーブンにした。

第3セットは、両チームヒッター攻撃とラリー戦の激しい戦いとなり、25-21で日本が取りました。


第4セットは日本リードで試合が進みますが、試合開始時点でブリット・ヘルボッツ選手のアタックに苦しみ、17-17と並ばれます。それでも古賀紗理那選手のスパイクなどで日本が再びリードすると、最後は山田二千華選手のブロード攻撃が決まり25-21で日本が逆転勝利しました。



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021女子 日本対ベルギー [FIVBネーションズリーグ]

 6月14日(月)ベルギー戦
今日、火の鳥NIPPONは、予選ラウンド第4週の最終戦でベルギーと対戦します。昨日13日(日)はメンバーを入れ替えて予選ラウンド負けなしのアメリカに挑み、ストレートで敗戦。大会通算成績を8勝3敗(勝点22)とし、火の鳥NIPPONは予選ラウンド5位となりました。対するベルギーは5勝6敗(勝点11)で同9位につけています。

スタメン
OH:1.黒子愛。2.古賀紗理那。7.石井優希。8.石川真佑。11.鍋谷友里恵。21.林子琴奈。
MB:3.島村春世。5.荒木絵里香。13.奥村麻依。19.山田二千華。
S:9.田代佳奈美。24.籾井あき。
L:14.小畑真子。15.井上琴絵。

※OH…アウトサイドヒッター.OP…オポジット.MB…ミドルブロッカー.S…セッター.L…リベロ。

予選ラウンド第4週の最終戦が行われ、女子日本代表チーム・火の鳥NIPPONはベルギーと対戦。セットカウント3-1(23-25、25-22、25-21、25-21)で逆転勝利し、本大会の通算成績を9勝3敗(勝点25)としました。

第1セットは、開始から、黒後のスパイクが、ベルギーのブロックポイントで連取され、日本の勢いが止まります。が、その後石川のスパイクで得点し、1回目のテクニカルタイムアウト(T.T.O)は、8-6とします。その後、互いに点を重ねる展開となりますが中盤にベルギーの、大会の通算最多得点者のエースヒッター、ヘルボッツの連打で一時逆転されますが、石川、古賀の両スパイカーが活躍し、第2T.T.Oを16-13で折り返します。がまたもベルギーの激しい反撃で猛追され、終盤もベルギーに連続サービスエースを決められ、第1セットを23-25で失いました。

第2セットは、日本のレスープが立ち直り、持ち味を出し、1回目のT.T.Oを8-5、第2T.T.Oを16-13で抜けて、最後はキャプテン・荒木絵里香選手がセッター・籾井選手との見事なコンビネーションでクイック攻撃を決め、25-22。セットを奪い返し、セットカウントを1-1のイーブンにした。

第3セットは、両チームヒッター攻撃とラリー戦の激しい戦いとなり、25-21で日本が取りました。


第4セットは日本リードで試合が進みますが、試合開始時点でブリット・ヘルボッツ選手のアタックに苦しみ、17-17と並ばれます。それでも古賀紗理那選手のスパイクなどで日本が再びリードすると、最後は山田二千華選手のブロード攻撃が決まり25-21で日本が逆転勝利しました。



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

そ日本対ベルギー [FIVBネーションズリーグ]

 6月14日(月)ベルギー戦
今日、火の鳥NIPPONは、予選ラウンド第4週の最終戦でベルギーと対戦します。昨日13日(日)はメンバーを入れ替えて予選ラウンド負けなしのアメリカに挑み、ストレートで敗戦。大会通算成績を8勝3敗(勝点22)とし、火の鳥NIPPONは予選ラウンド5位となりました。対するベルギーは5勝6敗(勝点11)で同9位につけています。

スタメン
OH:1.黒子愛。2.古賀紗理那。7.石井優希。8.石川真佑。11.鍋谷友里恵。21.林子琴奈。
MB:3.島村春世。5.荒木絵里香。13.奥村麻依。19.山田二千華。
S:9.田代佳奈美。24.籾井あき。
L:14.小畑真子。15.井上琴絵。

※OH…アウトサイドヒッター.OP…オポジット.MB…ミドルブロッカー.S…セッター.L…リベロ。

予選ラウンド第4週の最終戦が行われ、女子日本代表チーム・火の鳥NIPPONはベルギーと対戦。セットカウント3-1(23-25、25-22、25-21、25-21)で逆転勝利し、本大会の通算成績を9勝3敗(勝点25)としました。

第1セットは、開始から、黒後のスパイクが、ベルギーのブロックポイントで連取され、日本の勢いが止まります。が、その後石川のスパイクで得点し、1回目のテクニカルタイムアウト(T.T.O)は、8-6とします。その後、互いに点を重ねる展開となりますが中盤にベルギーの、大会の通算最多得点者のエースヒッター、ヘルボッツの連打で一時逆転されますが、石川、古賀の両スパイカーが活躍し、第2T.T.Oを16-13で折り返します。がまたもベルギーの激しい反撃で猛追され、終盤もベルギーに連続サービスエースを決められ、第1セットを23-25で失いました。

第2セットは、日本のレスープが立ち直り、持ち味を出し、1回目のT.T.Oを8-5、第2T.T.Oを16-13で抜けて、最後はキャプテン・荒木絵里香選手がセッター・籾井選手との見事なコンビネーションでクイック攻撃を決め、25-22。セットを奪い返し、セットカウントを1-1のイーブンにした。

第3セットは、両チームヒッター攻撃とラリー戦の激しい戦いとなり、25-21で日本が取りました。


第4セットは日本リードで試合が進みますが、試合開始時点でブリット・ヘルボッツ選手のアタックに苦しみ、17-17と並ばれます。それでも古賀紗理那選手のスパイクなどで日本が再びリードすると、最後は山田二千華選手のブロード攻撃が決まり25-21で日本が逆転勝利しました。



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021 日本対アメリカ [FIVBネーションズリーグ]

リミニ(イタリア)で開催中の「FIVBバレーボールネーションズリーグ2021」は13日(日)、大会予選ラウンド女子の11日目が行われ、日本代表チーム・火の鳥NIPPONは、ここまで負けなし最強のアメリカと対戦しまいた。

試合結果は、日本は善戦しましたが、セットカウント0-3(23-25、24-26、20-25)のストレートで敗れ、本大会の通算成績を8勝3敗(勝点22)となりました。

スタメン
アウトサイドヒッター。1.黒後愛、7.石井優希、ミドルブロッカー。3.島村春世、13.奥村麻依、セッター。田代佳奈美、リベロ。井上琴絵。

日本は、昨日のトルコ戦のメンバーから、セッターを籾井あきに代えて田代佳奈美に、アウトサイドヒッターを古賀紗理那に代えて石井優希を起用して臨みました。

第1セット、序盤からサイドや中央を幅広く使い、高さの攻撃を仕掛けるアメリカに、サイドアウトを取れずブロックに掴まり、前半で最大7点のリードを許します。

終盤に黒後愛のスパイク、サービスエース、石井優希のコースを突いたスパイクなどで、驚異の反撃で6連続の得点をし1点差まで追い上げますが、最後は、アメリカのブログックと右からの強烈なスパイクを決められ、23-25で逃げ切られました。

続く第2セットは、日本は経験のある林琴奈をスタートから投入しアタックと、島村春世らが得点を積み重ねて22-20と、終盤まで順調にリードしますが、そこからのアメリカの猛追を受けて24-14のデュースに持ち込まれまれます。そこで、日本のサーブミスとアメリカの高さのブログック、訴したスパイクを決められて3連続失点を喫し、第2セットも、24-26の逆転負けとなります。

第3セットは、前セットの勢いそのまま序盤からのアメリカのヒッターとブロックで、1回目のテクニカルタイムアウトは5-8と、立ち上がりから先行され、日本はセッターの関菜々巳と鍋谷の2枚替えでで反撃し、13-16まで迫りますが、その後のアメリカのスパイクやブロックで3連続失点を喫し、13-19と再びリードを広げられ、その後もアメリカの強烈なスパイクやブロックで、このセットも20-25で落としました。

石井優希選手のコメント
「アメリカのサーブがとても良く、パスが崩れてしまいサイドアウトからの展開がうまく取れず、ハイセットになる場面が増えてしまった。苦しい展開をこちら(日本)が作ってしまったという印象。(再びアメリカと対戦することになるとしたら)日本のサーブをもっと攻撃的なサーブにして、相手をハイセットにさせるような展開を作れたらいい。アメリカの攻撃はとても速く、いい状態を作られると相手のミドルブロッカーに(クイックで)切られる場面が多かったので、それをなくすためにもサーブがキーになると思う。今後のオリンピックに繋げるためにも、日本の武器であるサーブレシーブからの展開を、1本で決めきる徹底や、繋ぎの精度などの数字に表れない部分の丁寧さ、そういったところを突き詰めたい。この大会がオリンピックへの自信に繋がる大会にしなければならないと思う」

火の鳥NIPPONは、この結果8勝3敗で、予選ラウンド暫定4位(アメリカ戦終了時点)ですが、ファイナルラウンド進出となる4位以内を射程圏内に、1敗の重みがのしかかります。

大会12日目の明日14日(月)、火の鳥NIPPONは予選ラウンド5勝6敗(勝点11)のベルギーと対戦します。



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

FIVBバレーボールネーションズリーグ2021女子 日本対トルコ [FIVBネーションズリーグ]

リミニ(イタリア)で開催中の「 」は12日(土)から予選ラウンド第4週が始まりました。

女子日本代表チーム・火の鳥NIPPONは上位のトルコと対戦し、セットカウント3-1(25-17、25-20、17-25、25-19)で勝利しました。

スタメン 黒後愛。古賀紗那。島村春世。石川真佑。荒木絵里香。籾井あき。小畑真子。


火の鳥NIPPON(5位)は、予選ラウンド第3週までの9試合の結果は7勝2敗(勝点19)で、次の対戦相手は、8勝1敗(勝点21)のトルコ(2位)です。

火の鳥NIPPONは、強敵トルコ攻略に、試合開始から、日本の石川(ベストサーバーランキング2位)らの効果的なサーブで攻め続けて、トルコのサーブレシーブを崩すし、激しいラリーの応酬も制して、着実に得点を積み重ね、25-17、25-20、幸先よく2セットを連取します。

第3セットに入り、順調であった日本は序盤から一転します。後のないトルコの強力なサーブの連続で、日本の守備が散り散りに崩されて、サーブレシーブからアタックの連続失点で、終始トルコのペースとなり、日本強みの守備が乱されたまま、17-25で落とします。

このトルコの勢いで、第4セットが危ぶまれましたが、荒木から始まるサーブが効果的に相手を崩して、ブロックも決めて得点を先行し、更に、第3セットとは一転した日本のヒッターの連続攻撃で次々と得点を重ねて、立ち上がりから主導権を渡さず、勝負の第4セットを25-19で勝利しました。

これで、予選ラウンド8勝目を挙げ現在このラウンド5位にあり、決勝リーグの上位4チームに入るには、なお勝を重ねる必要があります。




nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -