So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

大坂なおみ全豪オープン2回戦でミス多発激情 [大阪なおみ]

大坂なおみの第2戦は中国の鄭賽賽(ジェン・サイサイ)42位との対戦です。

第1setは、なおみからのサーブで開始しましたが、第1Gのサーブの立ち上がりが悪くリードを許してのスタートとなりましたが、ブレークポインを凌いでキープ。

その後、ラリー戦で優位の展開から、第2Gをブレークするが、第3Gにブレークバックされ、第8Gをブレークして、このsetを先取します。

第2セットもなおみのサーブから開始しますが、鄭が戦法を変え、スライスを多用し、ドロップショット、スピンポールなどを加えて、なおみを揺さぶり、なおみのミスを誘う、第1Gから苦しい展開となります。

そして第3Gでは、鄭の粘り戦法にはまり、ミスを連発してブレークされ、ラケットとボールを叩きつけるシーンとなりました。

第4Gは、今度は鄭が連続ミスとなり、最後のポイントを大阪の逆クロスウイナーで、何とかブレークバックします。が、第5Gで、またも大阪のミスが重なり、ブレークを許します。

第6Gもイライラの展開のままミスの連発で、鄭のラブゲームでキープとなり、このsetの負けが濃厚となりました。

しかし、第7Gから大阪が立ち直り冷静さを取り戻しながら、自分のプレーを保ち、第8ゲームは、見事なリターンエースから流れを引き戻して、再度ブレークバックに成功し、更に、第9Gでラリーを制して、最終の第10Gに勝負を賭けます。

第10G、鄭のサーブですが、鄭の1stサーブが入らず、大阪はウイナーの連続で、ダブルのマッチポイントとなり、ここで鄭のダブルフォールトが出て、大坂がブレークし、第2セットを勝利しました。

苦しいし試合でしたが、大阪の後半の立ち直りで、結果はストレート勝ちで、3回戦進出を果たしました。

この試合も前試合同様、大坂の1stサーブの入りが悪く、サービスエースはなく、更に、凡ミスは相手の20本に対し30本とに多い中、ウイナーが相手の7本に対し20本と圧倒した結果の勝利で、難局での精神的に進歩した大阪が見られました。

〇大坂なおみ 6-2.6-4 ●鄭賽賽



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

全豪オープン2020 大阪なおみ 初戦勝利 [全豪オープンテニス]

全豪オープン【1月20日 第1日】の[女子シングルス1回戦]は、本大会前年優勝の
大坂なおみが第3シードで、マリエ・ブズコバ(チェコ=世界ランキング59位)21才と
初対戦。

ブズコバは、この2年で番外から100位以内に急成長した選手で、弱点の無い選手と言われ、
大阪とどの様な展開になるか、興味と大きな期待が持たれていました。

試合はブズコバのサービスから開始され、互角の展開を見せましたが、第5Gでもみ合い
となり、大阪がリードしてこのセットをブレーク、更に、第7Gもブレークして、大阪が
第1setを先行します。

第2setはこのまま大阪の流れになるかと思われましたが、大阪の持ち前の1stサーブが
入らず、苦戦となり、大阪はブズコバに2ndを狙われて第3Gをブレークされます。

しかし、ブズコバもサーブの不調で、これを捉えて今度は大阪が第7Gでブレークバックに
成功します。
そして、ブズコバのダブルフォルトから第9Gをラリーで勝ち、ブレークして、そのまま
逃げ切りました。

結果は、大阪のストレート勝ちですが、ブズコバは、大阪の左右のコーナー一杯のクロス
ボールを拾いながら、機を見て反撃し、一歩も引かないラリーの展開が続きました。

この試合で、大阪のアンフォースドエラーとフォースドエラーは、30本近くあったと
思いますが、ブズコバのそれは、ラリーの激しさの割には、10本程度度少なく、本戦
初出場でありながら、素晴らしい素質の持ち主でした。

しかし、大阪の勝因は、自分のミスに感情的にならず、強弱の攻めと、ポイントで
ウィナーを決め、流れを渡さなかったことです。

そして、ブズコバの強打と左右の揺さぶりにも確り対応できたことは、体調の良さを
示すものでした。

〇大阪なおみ 6-2,6-4, ●マリエ・ブズコバ

ともすれば、初戦に魔物がいると言われますが、なおみは全豪で5年連続の第1戦を
制して、一段の気合が入ることを期待します。


[男子シングルス1回戦]
男子シングルスの西岡良仁(同71位)は同40位のラスロ・ジェレ(セルビア)を破って
2回戦進2出を決めた。
○西岡良仁 6-4,3-6,6-2,7-6(1) ●ラスロ・ジェレ(セルビア)



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

健康診断が患者を作る権威権益の業界構造 [健康長寿]

お話し頂いている大櫛 陽一先生は、医、統計学の権威。

近年医学が進歩が著しく進歩している中で、日本のガン患者数も毎年増加し、寝たきり老人も一向に減少しない、医療界の非科学的、不思議な成果?であり、依って医療費は年々増加して、今や一人当の医療費は34万円となっています。

この不思議な成果現象を、東海大学名誉教授の大櫛博士は、長年の臨床研究から、健常な人が「病人」にさせられている、政官民医療業界の驚くべき癒着のカラクリを暴露しています。

元来、疾病予防を目的にした健康保険は、皆国民として制度化され、世界に類を見ない誇れる医療制度として施行されたものですが、現在、その中身が、病人と医療費を増やし続ける結果となっているのです。、

大櫛博士は、2004年に全国約70万人の健康診断の結果を、しかもその後10年もの歳月をかけて追跡調査し、各データの妥当性を確認して、日本で初めて男女別・年齢別の基準値を「統計学」法で算出し、発表した人物です。

この大櫛先生の調査によって明らかになったのが、国の健康診断指標の基準値が、「捏造」とまで断言できる基準値のウソでした。

▼ 基準値が嘘である証拠を見る
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M14711&c=1170&d=7142

海外では、健康診断の基準値が男女別・年齢別で異なるのは当たり前のことですが、日本では違います。
海外と日本の比較によっても、日本の基準値の異常さが浮き彫りになったのです。

国際的な基準とは全く異なる健診の基準値で、日本では、その健康域の3分の2の人が異常者として判定されています。

例えば血圧で言えば、高齢者ほど血圧が高くなりますが、国際基準値との差異は、50あるのです。
この50域内にある人は、降圧剤などの対象となり、無駄な投薬や死亡リスクの患者となっているのです。

当然に医療費と税金は増加することになります。

政官民の癒着構造は、例えば、厚生労働省の多数の官職者が、医薬業界に天下りしていることや、医療の政策委員会に出席し圧力となっていることです。

長年のこれらの経過で、医療界や医学会の社会的利権保持構造が出来上がっています。

▼得をするのは誰か、仕掛け人が誰なのかもハッキリと見えてきます。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M14712&c=1170&d=7142

▼ 当テーマ最大の問題、無駄な投与の実態
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M14713&c=1170&d=7142

善良無知な国民は、これら悪徳権威者の保身と政官民利権者の癒着構造の犠牲となって、黙々と罹患者となり、病気を増やし続け、税金や医療費増加を容認し支払い続けているのです。

命を金で買う金亡者社会に変化した日本国を、善良な国民の力で、人命を大切にする国に変えなくてはならない時を迎えています。




nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

日本は何処へ行くのか?失われた30年 [内閣]

日本国の指針 (国際関係アナリスト・北野幸伯氏)

日本の失われた30年となった今日、戦後最長と言われる安倍政権は愚政を進め、更にそれに拍車を打って亡国の道に進んでいます。

過っては世界で奇跡の成長国と言われ、世界第二位の富裕国日本が、今や先進国のなかで、日本だけが最下位のマイナス成長の異常さです。

世界の他の国が成長を続けている中で、何故日本だけこの様な国になったのでしょうか。
国民が怠惰になったためでしょうか。

原因は明白です。歴代の政治、与党の先見の無さ、怠慢とその利権保持がこの原因です。
しかし政府はこの原因を、財政危機と言う嘘でごまかし、増税などを連発して、更なる国力民力の衰退を進めているのです。

結果は、この長期のデフレの付を国民に回し、国民のエネルギーとなる夢や希望も衰退させ、毎日をただ生きることに精一杯の疲弊した国民は、目先の自分の身を守るしかない状態となってしまいました。

こんな不幸な時代に生きる国民は、何処に向かえばよいのでしょうか。

国際関係アナリスト・北野幸伯氏は、日本再興に向けて、次の提言をしています。
日本の強みである和の精神を基盤とする政治です。

1.我々は、「和の世界」を創る。
2.我々は、知性によって、日本の「独立国家」へと導く。
3.我々は、「理想を目指す」現実主義者である。
4.我々は、「真の国益」は何かを常に考え、行動する。
5.我々は、常に「大戦略」の視点から物事を考える。
6.我々は、日本を愛し、他国、他民族への尊敬の念を忘れない。
7.我々は、言葉と行動によって、日本の名声を高める。

日本の長い歴史を通じて受け継がれてきた”和を貴ぶ精神”、それをはっきり認識し
その上に立って平和を求めていくことがきわめて大切ではないかと思うと語っています。

自国政治に期待を持てない今、国民一人一人が自分と子孫のために、日本の再興と真の独立を真剣に考え、行動する時が来たと言えます。



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NECが創薬事業に画期的ネオアンチゲン個別化がん免疫療法 [がん治療]

NECが創薬事業に乗り出し、画期的がんの撲滅に貢献するニュースです。

我々の体は、ゲノムと呼ばれる生命活動を営むために必要な最小限の遺伝子と染色体群からなる、その全てのDNAの遺伝子情報分子の総体で構成されていますが、体内の免疫細胞は、体中に侵入してきたウイルスや病原体などを異物として認識し、この異物を免疫細胞が排除することで、体を病原より守っています。

免疫細胞が異物として認識する物質(タンパク質)を「抗原」と呼びますが、がん細胞に存在する特有の物質を「がん抗原」と呼び、一般のがん治療は、この「がん抗原」を目印として、さまざまな検査や治療法が存在しています。

現在は、この「がん抗原」を利用したものに、腫瘍マーカー(がんマーカー)検査や樹状細胞ワクチン療法がありますが、個々人に特有の治療法ではありません。

さて、今回のNECが創薬事業ネオアンチゲン個別化がん免疫療法は、ICT企業のNECが個人のがんの状態をゲノム解析によりデータ化することで可能になったことと、高性能AIエンジンを用いて、個々人の異なるネオアンチゲンを解析して、個別化治療の用途に使える高質な技術の開発に成功したのです。

ネオアンチゲンは、がん細胞は正常細胞が遺伝子変異を起こすことで生まれる細胞で、新生抗原などとも呼ばる、一人ひとりのがんによっても異なり、その人のがん細胞だけにのみ発現するがん抗原(目印)で、正常な細胞には発現しない抗原です。

このネオアンチゲン予測システムの独自性が評価され、NECはがん治療の向上を目指す国際コンソーシアムTESLA(Tumor neoantigEn SeLection Alliance)への参加も認められました。

NECは、この創薬事業を始めるにあたり、2018年10月30日、がん治療向けウイルスベース免疫治療の設計開発を手掛けるバイオテクノロジー企業のTransgeneと個別化がん免疫療法の共同開発に合意し、今年(2019年)6月の株主総会で承認が得られ、「個別化ネオアンチゲンワクチン」の治験を拡大して、世界を舞台にした事業展開を進める考えです。



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -