SSブログ

福原愛 李暁霞(リ・ギョウカ)に完敗 [オリンピック]

スポンサーリンク




福原愛の準決勝は、前ロンドン五輪のチャンピオンで世界ランク1位の李暁霞と対戦しましたが、ここまでストレート勝ちの快進撃を続けた福原愛が、李暁霞に4-0のストレートで完敗しました。

福原愛がこれまでの武器としていた、サーブ、ストップ、そして左右の打ち分けもが全く通用せず、逆に李暁霞の左右の強烈なストロークと精度で反撃され、又その配球も巧みで弱点の見えない選手でした。

福原は戦法を変えて、強打で挑みますが、如何言うわけか殆どがアウトになり、それも不成功に終わりました。

試合結果は、第1G~第4Gまで、4-11.3-11.1-11.1-11.と全く信じられない完敗でした。

福原愛は、その後の3位決定戦でも日本のホープ、石川佳純を破った北朝鮮のキム・ソインに1-4で敗れ、五輪初のメダルの獲得はなりませんでした。

個人戦を4位で終えた福原は、次の団体戦でこの雪辱を誓っています。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました